永遠の卵

いろんなはなしする。

今村夏子『こちらあみ子』

「どうしたの?」
「どうもしません」
「なんで笑ってんの?」
「先輩たちが笑ってるからです」
ルミたちはお互いの顔を見た。誰も笑ってなんかいなかった。

自分で言うのもなんだけど、わたしは社会と調和できない人間ではないと思う。どちらかといえば、調和しようと思えば思うほどどんどん調和してしまう(できる)人間だ。適応能力が高いともいう。もしくは、人間性が空っぽともいえるのかもしれない。
この世界はあまりにも広すぎて、どこにだって居場所はあると思ってしまう。居場所はいつも多過ぎて、煩わしくて、持て余してしまう。*1

でも、そうではない人間がいるということも、知識としては知っている。調和したいにせよ、したくないにせよ、調和しない・できない人間はいる。

そういう他人と出会ったとき、わたしはいつもたじろぐし、苛立つし、けっきょくのところは逃げ出してしまう。それでおしまいだ。彼らの人生は続くけど。

お風呂に入ればいい。と思っている。
あなたが入りたいのならば、いつでも。

ひとりでできないのならば手伝おう。頭の洗い方がわからないのなら教えよう。石鹸やタオルを持っていないのなら貸し出そう。入りたくないのならば、それもかまわない。

でもおそらく、わたしのしようとしていることはすべて間違いだとも思う。わたしは求められれば、躊躇なくそれらのことができるだろう。一方で同じとき、わたしはすべてを放り出して行方を晦ますだろう。わたしの中に、生まれるはずのない優位性が芽生えることに耐えられないからだ。

わたしは笑っている。あみ子を笑う人間に「なんで笑ってんの?」と聞いて、その実わたしがもっとも彼らを笑っていることにわたし自身が気づいてしまう。

あみ子の幼なじみの坊主頭は、彼女のことを「気持ち悪い」と言う。それならばとあみ子は、彼に自分の気持ち悪いところを教えてほしいと頼む。

「教えてほしい」
坊主頭はあみ子から目をそらさなかった。少しの沈黙のあと、ようやく「そりゃ」と口を開いた。そして固く引き締まったままの顔で、こう続けた。
「そりゃ、おれだけのひみつじゃ」

“ひみつ”なのだ。それはもちろん優しさでもないし、友情でもない。それこそが“調和”だ。嘲笑い、罵倒する、口にピーナッツを放ってやる、でも、教えてはあげない。そうすればわたしたちは、偽りの対等を手にすることができるんだもん。

 

 

*1:そういう意味では、わたしもある意味この世界に“調和”などできていないのかもしれないけど